アメリカでもしっかりと通信できるのがUQmobileや楽天モバイルのwifi!

海外でも!

気になる料金について

海外でも使用できるSIMやSIMカードは3,000円程で購入することができます。その他に地域別パックやクレジットが利用できるのです。地域別パックの場合は900円から1,100円程が相場になるでしょう。クレジットなら、1MBが20円程で購入できます。細かく使用する場合に、クレジットは有効に利用できるでしょう。

海外で通信

携帯

SIMを使用

アメリカに出張や旅行で行く場合は、海外wifiを使用する必要があるでしょう。理由としては、海外wifiを使用せずに通信を行なうと、とても高い通信料が発生するからです。ほんの少しアプリを使っただけでも高額な通信料が発生してしまう恐れがあります。基本的にUQmobileや楽天モバイルでは海外SIMを使用して通信料を抑えているのです。これがとても評判で、最近では多くの方が利用しているのです。wifiルーターを使用することなく、海外で通信を行なうことができます。海外でwifiを使用することもできますし、現在使っているスマートフォンやタブレットをそのまま海外で使用することもできます。

手軽に利用できる

基本的にSIMを変えるだけで、海外でもスマートフォンやタブレットが使用できるようになります。利用方法も簡単で、誰でも利用することができるのです。50MBで900円程とかなりリーズナブルな価格で利用することができます。高額な通信料を払うのと比べると、天と地ほども差があるのです。一般的にインターネットを利用して、SIMを購入する方が多いでしょう。店頭でもSIMを購入することができます。一般的に楽天モバイルやUQmobileの場合、インターネットで購入してから2日から3日程で自宅にSIMが届くでしょう。急な出張で出かける方にとっても安心です。スマートフォンさえあれば、簡単にSIMを手に入れる事ができるのです。

SIM番号を登録

利用方法としては、専用のアプリにログインしてSIM番号を登録します。基本的に番号はSIMカードに記載されているので、ポータルサイトで入力するだけです。番号を登録した後に初期設定を行ないますが、できるだけ渡航前に済ませておくことが大切になるでしょう。データ通信やSMS通信の具合は渡航後に確かめることができます。初期設定としては、APN設定を行なうのです。渡航先で電話を利用する場合は、日本番号を購入する必要があります。転送設定を行なうことで、日本番号を利用することができるのです。つまり、普段使用していたスマートフォンの携帯番号を海外でも使用することができるようになります。

クレジットを購入

渡航先でも利用できるのですが、地域別パックやクレジットを購入することで利用を開始できます。基本的にクレジットのチャージについては専用のアプリにログインすることで、チャージできるでしょう。地域別パックやクレジットの有効期限には十分な注意が必要になります。一般的に長期滞在を予定している方は、特に有効期限に注意する必要があるでしょう。また、利用開始してから地域別パック、もしくはクレジットを購入していない場合は本SIMカードが向こうになってしまいます。期限としては12ヶ月間です。一度無効になったSIMを再度利用したい場合は、カスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

カスタマーセンター

海外SIMを利用する場合、カスタマーセンターへ連絡する機会もあるでしょう。ですが、海外だからといって、外国人の方が対応するわけではありません。基本的に日本人のスタッフがカスタマーセンターで対応してくれます。日本語で相談できるので、とても安心できるでしょう。何か分からないことがあれば、すぐにカスタマーセンターに連絡するのがベストです。サービスの概要や設定方法が分からずに困った場合はカスタマーセンターが助けてくれます。日本語で対応できるカスタマーセンターがあるおかげで、海外でも安心してスマートフォンやタブレットが利用できるのです。お問い合わせフォームからの問い合わせには、メールで回答してくれるでしょう。

【PR】
UQmobileの評判を大公開。
乗り換えて月々のお支払をもっとお得に。
広告募集中